東武鉄道: 2009年12月アーカイブ


20091231.jpg
今まで8000系がメインで入ってきた運用に万系ばかり入っているとのことなので、今日の午前中春支所を確認しに行ったところ、見事に全編成いました。しかも1ヶ所にまとめられて全てパンタが下げられてました。少なくとも3が日は動かないと思われます・・・。もしかするともう・・・。

20091229.jpg
12/28の603-3600-2527に31404F+11457Fが充当され、営業運転でも4+4の浅草入線が開始しました。
試運転から1週間で営業開始とは驚きました。これにより今まで4+2+2や6+2で運転されていた運用が4+4でも可能となったので、眠っていた4コテが稼働し、8000系が余剰廃車になることでしょう・・・。

20091224.jpg
12/22より東京スカイツリー×リライズガーデン西新井の車体広告を付けた編成が運転されています。
現在確認済みの編成は21804F・21805F・51051F・51052Fの4編成です。


12/21の深夜に11458F+11457Fの試運転が行われました。カメラを持ち合わせていなかったので携帯での撮影となっています。特に音声が酷いですがご了承下さい。


20091219-1.jpg
12/15に七光台支所所属の8103Fが渡瀬北留置線に廃車回送されました。
8103Fは1963年ナニワ工機製。1972年に中間2両が製造され6両化され、1987年に修繕を行った中期修繕車です。2008年12月にはデッドマン・レコーダーの取り付けも行われ、先月には転落防止幌の取り付けも行われていました。最終検査は18-9栗でした。
これにより今年度の廃車は18編成48両となり、8000系列は残り574両となりました。

20091202-1.jpg
12/1に南栗橋車両管区春日部支所所属の8117F・8530Fが渡瀬北留置線に廃車回送されました。上り方から8117F+8530Fでした。廃車回送は8月末以来となります。
8117Fは1965年ナニワ工機製。1989年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は19-11栗でした。
8530Fは1967年日本車輌製。1993年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は20-8栗でした。
こ れにより今年度の廃車は17編成42両、春日部支所のワンマン車を除いた8000系は残り30両、8000系列全体では残り580両となりました。
またこれと関連してるのかは不明ですが、半直離脱以降動いていなかった31415Fが運用に入っているのが確認されています。1ヵ月半キカス偵察に行っていないので何ともいえませんが、各種工事が一段落した可能性があります。

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1