2014年4月アーカイブ


4/30に東武グループ中期経営計画 2014 2016が発表されました。【PDF
今年度の事業投資計画と日比谷線新車絡みを除き新たに発表された鉄道関係の計画は以下のとおりです。
・六実?逆井間複線化の推進
・東武スカイツリー ランとアーバンパークラインの直通化
・新型特急の投入(日光線伊勢崎系統)
・東上線 TJ ライナーの上り列車新設と下り列車増発
・東上線地下鉄 直通列車の速達化(急行運転)
中でも新型特急について気になりますが、今年度・来年度は60000系の増備がありますし、2016年度以降は20000系列の置換えに集中する必要が出てくると思われますので、どの程度製造されるのか気になるところです。

20140430.jpg
現在18m車が走る日比谷線に20m車が導入されることが発表されました。【PDF
2016年度から2019年度の4年間で03系42編成、20000系列24編成が置換えられることになります。
現在は18m車8両ですが、ホーム延伸は行われないため20m車は7両となります。これにより編成全体では4m短くなる計算です。

4/30に2014年度鉄道事業設備投資計画が発表されました。【PDF
総額 322億円となっており、久々の300億円台となりました。野田線での急行運転が発表され、2年後に向けて踏切始動点の改良等が行われるようです。スカイツリートレインの運転停車が見られるのも今のうちでしょう。
車両新造は昨年度に続き60000系が増備され、61609F〜61616Fの8編成が増備予定 です。これにより七光台支所は8000系より10030系・60000系が多くなることになります。他には10000系リニューア ルが昨年度同様26両が行われるようです。現在改造中の11802F+11202Fの他に16両が入場するものと思われます。
他には本線運行管理システム・東上線川越市~小川町のATC導入が今年度中に行われるようです。東上線ではすでに深夜帯の試運転が行われており、工事自体は終わっているようです。

20140407.jpg
4/7に南栗橋車両管区七光台支所所属の8148Fが資材管理センター北館林解体所(渡瀬北留置線)に廃車回送されました。4/4の868Aが最終列車となりました。
8148Fは1969年ナニワ工機製で、1994年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は23-9栗でした。
今年度初の廃車となり、8000系は残り340両となりました。

1月からフルカラーLED化が行われていた100系ですが、3月末までに全編成の改造が終わったようです。
目撃情報が少ないので間違っているかもしれませんが(特に3月分)、以下の順で改造されました。
1月:108F・104F・107F・109F
2月:105F
3月:106F・103F・102F・101F

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1