2015年8月アーカイブ


20150810.jpg
JR北海道で運行されてきたC11-207を東武鬼怒川線で走らせる計画が発表されました。【PDF
運行区間は下今市から鬼怒川温泉までの12.4kmで、これは現在運行区間が一番短いSL北びわこ号(22.4km)よりも大幅に短いです。
C11-207はJR北海道の経営状態の都合で新型ATSの整備が出来ないとのことで引退の話が出ていましたが、再び活躍することになりそうです。
客車についての話が一切触れられていないので、運行形態等は不明です。続報を待ちたいと思います。

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のブログ記事


Powered by Movable Type 4.1