11458F+11457F試運転


12/21の深夜に11458F+11457Fの試運転が行われました。カメラを持ち合わせていなかったので携帯での撮影となっています。特に音声が酷いですがご了承下さい。

この試運転ですが、北春日部から浅草を1往復したようです。4+4と言う事で扉締切の関係で通常は浅草駅には入線出来ません。とうとう2コテ不足の原因となっている扉締切の試験でしょうか。最近こんなのをつけた編成が増えてますし・・・。

20091222-2.jpg画像では見えないですが、黒い部分に締切とか書いてあった気がします。浅草駅操作禁止って意味は良く分かりません・・・(現在の扉締切は逆に浅草駅でスイッチONですので)。11457Fは改造済みだったはずなのでたぶんこれ関連の試運転だと思いますが・・・。機能が分からない以上何とも言えません。

もし4+4が浅草駅に入れるようになると現在連結相手が居なくて動くことが出来ない4コテが一斉に動くことになります。そうなると両数的には浅草口の8000系が全て消えてもおかしくありません。

ひとつ気になったのが駅の表示。春日部は回送、北千住は臨時だったようです。特に指定はされないんですかね?週に何回かこの時間に帰宅するので回送表示が臨時か試運転だと気づきましたが、他の時間帯じゃスルーだったかも知れませんw

あと記事とは関係ないですが、この時間の遅延はどうにかならないのか・・・。
新越谷2259の北春日部行きのお世話になることが多いのですが、この日も6分遅れ。何があってもこの列車を退避無しで先行させるので北越谷で準急を抜かしたり、時には区間急行を抜かしたりするんですよねw。
まぁ確かにこの列車を先行させないと退避のやりくりが出来なくなるのでしょうがないですが・・・。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 11458F+11457F試運転

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/452

コメント(4)

初めまして
浅草口の8000系はあとどのくらい残っているのですか?
8000系は2012年の東上線のATC化や野田線が回生対応になったり・・・ 
動向が非常に気になります。
終焉の時がまた近くなったような気が・・・

浅草口の8000系は残り(4+2)×5編成です。
余っている4コテが5,6編成あったはずなので、4+4の稼働が始まれば一瞬で消えてもおかしくないでしょう。

こんばんは。4両編成の有効活用で、
4+4で浅草に入線するようになるそうです。
浅草1番線では。下り方2両締切装置だそうです。
『浅草駅操作禁止』というのは、
このスイッチで全部のドアが開いてしまうので、
浅草では、使わないでくださいと、
言うことだそうです。

解説ありがとうございます。
やはり浅草駅扉締切関連の装置なのですね。

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1