東武250系251-5機器更新


10/18終電後に251Fの誘導障害試験が栗橋付近にて行われました。251Fは9月から南栗橋工場に入場しており、251-5の機器更新が行われた模様です。
夜の時点では音が静かすぎて機器の判別が出来ませんでしたが、機器の写真を見たところ阪急8001Fで試験が行われている永久磁石同期モータ(PMSM)駆動用のsic素子ダイオードを用いたIGBT-VVVFインバータにそっくりであることから【東芝プレスリリース】、主電動機もPMSMに交換されたものと思われます。35605同様の東芝製となりますが、1C4M用かつSic採用ということで、だいぶ小さくなっています。500系でPMSM採用が発表されていることから、それに向けた試験でしょうか?
しかし栗橋付近での誘導障害試験となるとブツ4が出動するのは何なのか・・・。まぁおかげでブツ4が入った時点で察知することが出来ましたが。
あと記事書く上で色々と調べてたら35602のVVVFが日立製ってことになっててビックリ。確かに試運転の時には銘板無かったですが、今はおもいっきり東芝って書いてあるはずです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東武250系251-5機器更新

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/1070

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1