検査票表記が[南栗工][川越工]に変更

2016年7月より南栗橋工場・川越工場で施工した重要部・全般検査の検査票表記が[栗車管][川工]から[南栗工][川越工]に変更になっています。[栗車管]最後の編成は6152F、[川工]は31613F+31413Fでした。また[南栗工]最初の編成は109F、[川越工]最初の編成は51002Fとなっています。
南栗橋工場も川越工場も南栗橋車両管区下の組織であり、南栗橋工場出場車だけが[栗車管]を名乗っているのはおかしな状態でしたが、今回で変更で共に工場名の略称に変更された形となります。
森林公園区の50000系列や60000系は工場外での重要部検査が行われており[森検区][七支所]の表記も登場していますが、50050系も同様に工場外での検査が行われた場合に判別しやすくするために名称を変更したのかもしれませんね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 検査票表記が[南栗工][川越工]に変更

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/1074

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1