東武鉄道: 2010年2月アーカイブ


20100227.jpg
3/28に森林公園検修区にて東上線森林公園ファミリーイベント2010が開催されます。
例年通り撮影会等が行われるほか、事前応募制でジャンク品の販売も行われます。
臨時列車ですが、2本走ります。但し普通の臨時列車ではなくスジが異常なことになっています。
50090系を使用した池袋発の臨時列車は下板橋留置線にて729列車に、高坂にて8111F又は8112Fを使用した川越市発の臨時列車に抜かされるみたいです。よくこんな面白いことを考えたなぁと感心してしまいます。

グリーンマックスより東武10000系未更新車の塗装済キットが5月に発売されます。
1084T 東武10000系未更新車 6輛編成トータルセット(動力付き) 定価18,900円
1084C 東武10000系未更新車 増結用先頭車2輛セット(動力無し) 定価8,190円
1084M 東武10000系未更新車 増結用中間車4輛セット(動力無し) 定価11,550円
6506 ライトユニットF(1084T/C塗装済みキット用) 定価1,890円
クロポから発売されているリニューアル車と同等の仕様のようで、完成品用の動力車等を採用するようです。
なおこれによる未塗装キットの発売中止は今のところ行わないようです。

20100221.jpg
2/19に春日部支所の11607Fがリニューアル工事のため栗車管館林作業所に入場しました。津覇車輌によりリニューアル工事が行われるものと思われます。これにて6両固定の未リニューアル車は消滅しました。
今後入場する編成が気になるところです。


20100216-2.jpg
2/16に南栗橋車両管区春日部支所所属の8123F・8541Fが渡瀬北留置線に廃車回送されました。上り方から8123F+8541Fでした。
8123Fは1966年日本車輌製。1992年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は18-9栗でした。
8541Fは1968年日本車輌製。1994年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は19-2栗でした。
こ れにより今年度の廃車は22編成64両、春日部支所のワンマン車を除いた8000系は残り24両、8000系列全体では残り558両となりました。



2/16の3216レより51004Fの営業運転が開始されました。
結局51003Fより先に51004Fが営業開始してしまいました。51003Fは未だに試運転すら実施してないので破損状況が気になるところです。


2/12の2525レ〜2/13の3803レに11268F+11259F+11267Fが充当されました。ブツ6が運用に入るのはダイヤ改正後初ではないかと思われます。
4+4の浅草乗り入れ解禁による2コテ専用運用減少で近いうちに復活するのではないかと予想はしていましたが、解禁から2ヶ月での実現となりました。今後浅草締切対応の4コテが増えるにつれ見れる機会が増えるのではないかと考えています。


20100210.jpg
先日より20000系列への号車表示ステッカーの貼り付けが始まったようです。
2/8の時点では21855Fへの貼り付けを確認しました。この直前に来た21856Fには付いていなかったので、まだ貼り始めたばかりと思われます。
号車ですが、東武で言う上り側から8号車、7号車・・・1号車となっています。

20100204.jpg
2009年5月から工事のため運用を離脱していた11251Fが2/1の960レより運用に復帰しました。
工事は11251の床下機器がほとんど消えてるほど大規模なものでしたが、何が変わったのかはパッと見分かりません。


先日やってきた51003Fですが、車輪止めを外し忘れたまま試運転に行こうとして脱線したようです。【PDF
その影響で1222レが出庫中止となり上下1本ずつが運休しました。
せっかくの新車なので大切に扱って欲しいですね・・・。

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1