8131F・8501F廃車


12/24に七光台支所所属の8131F+8501Fが資材管理センター北館林解体所(渡瀬北留置線)に廃車回送されました。
8131Fは1967年ナニワ工機製で、1988年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は24-3栗でした。
8501Fは1964年日本車輌製で、1991年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は24-3栗でした。竣工日が1964年の12月22日だったため、ギリギリ50歳を迎えることが出来ました。アーバンパークラインロゴが付いた編成の廃車は初となります。
今年度の廃車は7編成32両となり、8000系は残り314両となりました。61609Fによって置換えられた形になります。検査期限には余裕がありましたが、今年度60000系が8編成投入される予定なのでデッドスペースが多い4+2から潰すのでしょうか?同じく4+2の8155F+8521Fも61610Fの営業開始によって年末から休車札が掛けられています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8131F・8501F廃車

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/1058

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1