8505F・8560F廃車

20141205.jpg 12/1に森林公園検修区所属の8505F+8560Fが資材管理センター北館林解体所(渡瀬北留置線)に廃車回送されました。
8505Fは1965年日本車輌製で、1990年に修繕を行った中期修繕車です。秩父ATSが装備されていました。最終検査は24-12栗でした。旧社紋省略車初の廃車と思われます。
8560Fは1970年ナニワ工機製で、2000年に修繕を行った後期修繕車です。最終検査は23-6栗でした。
今年度の廃車は5編成26両となり、8000系は残り320両となりました。8185F及び8181Fの廃車により相方が居なくなってしまった両編成ですが、とうとう廃車となりました。残る8175F+8506Fも1月に廃車のようなのでまもなく池袋口から8000系が消えることになります。
なお8505Fの秩父ATSは館林のワンマン車に移植されるようです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8505F・8560F廃車

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/1053

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1