8119F・8558F廃車

20110822.jpg8/22に南栗橋車両管区七光台支所所属の8119F・8558Fが渡瀬北留置線に廃車回送されました。
8119Fは1965年ナニワ工機製。1992年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は20-9栗でした。 8558Fは1969年富士重工製。1999年に修繕を行った後期修繕車です。最終検査は20-9栗でした。
これにより8000系列は残り446両となりました。
先月のダイヤ改正で1運用減ったため、余剰廃車と思われます。この編成は省令工事も転落防止幌設置も一番最後に回されたりと気になる点があったので、問題でもあったのでしょうか?正直廃車にするならボロボロな8109Fとか、まもなく検査の半コテ車とか他にも選択肢はあったと思いますが・・・。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8119F・8558F廃車

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/778

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1