8102F廃車

20101216-1.jpg
12/13に七光台支所所属の8102Fが渡瀬北留置線に廃車回送されました。
1963年ナニワ工機製。1987年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は19-4栗でした。
これで8000系は残り480両となり、10000系列を下回りました。
8102Fが廃車になったことにより、同様に検査が見送られている8113Fもそろそろ怪しくなってきました。
検査時期的に今年度の七光台からの廃車はこの程度となると思います。来年度の注目は10月で検査が切れる8106Fですかね・・・。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8102F廃車

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/686

コメント(1)

とうとう10000系列を下回ってしまいましたか〜なんか残念です。50000系が配属されるとうれしいですが、陰では玉突きで8000系が廃車されているんですね。私鉄最大勢力を誇った8000系が東上線でも見れなくなる日が近くなってきましたね

コメントする

月別 アーカイブ

最近のコメント

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1