8528F・8535F・8543F・8547F廃車


5/31に森林公園検修区所属の8528F・8535F・8543F・8547Fが渡瀬北留置線に廃車回送されました。上り方から8535F+8547F+8543F+8528Fでした。
8528Fは1967年日本車輌製。1991年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は19-3川でした。
8535Fは1967年富士重工製。1993年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は20-11栗でした。
8528Fは1968年富士重工製。1991年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は21-1川でした。
8535Fは1968年ナニワ工機製。1995年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は19-8川でした。
これにより森林公園のワンマン車を除いた8000系は残り116両、8000系列全体では残り514両となりました。
3週連続の廃車回送。今まででは考えられなかった勢いで消えていきます。
今回は羽生まで2×5の10両、いわゆるブツ10で回送が行われました。本線で10両運転が行われていた頃に稀に見れただけの貴重な姿が廃車回送で見ることが出来ました。残る2コテの本数から考えると、ブツ10での廃車回送は最初で最後かもしれません。
なお今回2コテが一気に消えたため8コテが2本余る形となりました。また近いうちに廃車が行われる可能性が高いです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8528F・8535F・8543F・8547F廃車

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/605

コメント(4)

東上線での残りの2コテは8505F、8506F、8559F、8660Fですね。

いつも、拝見させて頂いてますが、廃回や試運転などのことで少しスッキリしない点がいくつかありまして、ご回答願えればありがたいです。
1 公表していない廃回が撮影出来るのでしょうか?
2 東武関連社員しか知り得ない情報を何故知っているか?(情報を知っていなければ撮影出来ないはずです)
3 仮に、情報が流れたとして、どこからこの情報を拾ってくるのか?
4 試運転の情報はどこから拾ってくるのか
5 臨時回送の情報をどうやって拾ってくるのか?
以上、5項目 ご回答よろしくお願いします。

>志木さん
もうそれだけですか
2コテが消えるのも早かったですね

>加須住民さん
携帯からなんでまとめて返信します。
森林公園区の栗車管入場・廃車回送等は8505F・8506Fの動きを注意していれば予測出来ます。
今回の場合は数日前から急に組み換えが行われ、前日の時点で廃回時の編成が組まれているのを撮影仲間が撮影しています。
出場試運転や性能試運転は普段からの偵察で予測が出来ます。
あとは掲示板やSNSのチェックは基本ですかね。携帯の電池が1日3本程無くなりますw

ブランドUGGに興味がありますか
UGG靴は大変人気ブランド靴ですね
日本で大人気のUGG店舗として、品質が完璧、値段が激安、いろいろなサイズが揃って、どしどしご来店ください!!!

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1