11606Fの座席

20100108.jpg
12/30より営業復帰した11606Fですが、座席の柄が51061F以降に準じたものに変更されていました。
ちなみに扉開閉ランプは相変わらず飾りのまま・・・

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 11606Fの座席

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/461

コメント(5)

初めまして。東上沿線に住む者です。
いつも拝見し参考にさせて頂いています。

この写真でもう1つ気が付いたのですが、確か10000系修繕車も9000系同様、客扉横の手摺りが黄色塗装されていた気がしたのですが、これはそれも省略されているようですね。

また、元々4人掛けだった部分が、配電盤の張り出しが出来たとは言え、3人掛けになっては一人当たりの着席幅は相当に広そうですね?

早く東上線でも登場して欲しいですが、8+2編成の封じ込め運転台部分がどうなるのか気になりますね。

これからもよろしくお願いします。

昨日、津覇のわきを通ったとき、200系の編成がばらされてました。
何か改造工事でもするんでしょうか?

7人掛けも6人掛けにしてくれればいいのに。
野田線8000系では座席幅が狭い(42センチ)なので、6人で座っているのが現状です(この場合48,5センチと阪急標準サイズ)。窓割り、広告枚数、網棚配置からしても6人掛けにするのが妥当です。夏服の子供と冬服の男では明らかに体型が違うので、ある程度大き目の人を基準とするのがいいと思う。
そもそも7人に固執する理由が分からない。
最も車内の配電盤の張り出しは困ります。座席下に設置がいい。元々4人掛けだったが、ドアギリギリまで拡大して優先席にするか、BOXシートにするのがいいと思う。

お初にお目にかかります。本線沿線在住の者です。

さて11606Fですが、私もつい先日乗車しました。
座席モケットの色は正直こっちの方が気に入ってます!!
唯一気になるとすれば、車端部の貫通扉ですかね…。
30000系や50000系とは違い、閉まる寸前の勢いの緩み(?)が無いんですよね、アレ。
こう、ドーン! バン、バンみたいな。

扉開閉表示灯の方も点いてるの見たこと無いですねぇ…(05F・09F共に)。

>黄色塗装
調べたら11609F以降省略されたようです。

>200系
たぶん省令改造だと思いますが・・・
少々様子見で

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1