千代田線に16000系投入へ

20091222-1.jpg
12/21に千代田線へ16000系16編成160両を投入することを発表しました。平成22年秋より順次投入されるようです。【URL
永久磁石式同期型モータを採用し消費電力を抑えた他、車内には17型ワイド液晶を2台搭載します。


16編成という数字は6000系のチョッパ車・チョッパ更新車と同じ編成数です。
しかしこれらの中には車齢20年ほどの車両が含まれており、チョッパ編成のみを置き換えた場合、VVVF化済みの車齢40年程の編成たちは残ってしまうことになります。特に小田急乗り入れ不可の6101FなどもVVVF化済みですので・・・。今回の16000系投入は小田急のD-ATS-P導入による改造期間短縮が主な理由と思われるので、小田急に乗り入れない編成はしばらく放置ってことでしょうか?それでも複々線化完成時には乗り入れが倍増するでしょうから、さらなる投入があると見てよいでしょうね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 千代田線に16000系投入へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/451

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1