8503F・8519F・8537F廃車

20090610.jpg
6/10に南栗橋車両管理区春日部支所所属の8503F・8519F・8537Fが渡瀬北留置線に廃車回送されました。上り方から8503F+8519F+8537Fでした。
8503Fは1965年日本車輌製。1988年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は19-8栗でした。
8519Fは1965年日本車輌製。1988年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は20-7栗でした。
8537Fは1967年富士重工製。1993年に修繕を行った中期修繕車です。最終検査は18-12栗でした。
これにより今年度の廃車は8編成18両、春日部支所のワンマン車を除いた8000系は残り50両、8000系列全体では残り604両となりました。なお春日部支所の2両固定が相次いで消滅したため2+2+2の編成、通称ブツ6は何か無い限り通常営業では見ることが出来なくなりました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8503F・8519F・8537F廃車

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/335

コメント(2)

やっぱり廃車になりましたね。次に廃車になるのは番号的にも編成的にもこの編成だと思ってたので先日写真撮っておきました。

自分はどうも2コテとは相性が悪いようで・・・
撮っていても微妙な写真ばかりでした

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1