新SDカード規格"SDXC"

SD Associationは1/7に「SDXCカード」の仕様を策定したこと発表しました。仕様書は3月頃発表される模様です。
SDXCはSDHCの上位規格であり、ファイルシステムにexFATを採用することで最大容量2TB、最高速度300MB/Secを実現することが出来ます。ビデオカメラやパソコン、携帯電話など幅広い機器での採用が見込まれています。
現在主流となりつつあるSDHCは2GB止まりだったSDの上位規格として2006年に登場しましたが、すでに上限の32GBに達しており、3年足らずでSDXCに土俵を譲ることになります。


☆SDメモリーカードの歴史
1999/8/25に発表。従来のメディアとの最大の違いは著作権保護に対応。ファイルシステムはFAT16で最大容量は2GB。2000/6/30に32MB(¥13500)・64MB(¥22000)、10/20に16MB(¥8500)、2001/1/20に8MB(¥3300)が発売。7月には128MBも発売。2001/12/21に従来より速度が5倍になった256MB(¥30000前後)が、2002/1/21には512MB(¥60000前後)が発売。しばらくこの状態が続いた後、2004/1/27に1GBが発売。11月には規格最大容量となる2GBが発売。発売から4年半でSD規格は頭打ちとなりました。
SDの上位規格となるSDHCは2006/1/4に発表。2006/7/25に4GB、2006/11に8GB、2007/11/15に16GBを発売。2008/1には規格最大容量となる32GBが発売されました。2年半で頭打ちとなりました。

過去の結果や最近のSSDを見ているとSDXCも長くて4年くらいしかもたないと思います。しかし2TBとなると現在発売しているHDDよりも容量が多いわけで、現在HDD・SSDを使っている製品に良い意味で大きな影響を及ぼすと思われます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新SDカード規格"SDXC"

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/258

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1