8130F廃車

20090109.jpg1/9に栗車管春日部支所所属の8130Fが渡瀬北留置線に廃車回送されました。最後の運用は1/7の518レと思われます。1/8の時点で単独留置となりました。
8130Fは1967年ナニワ工機製。1986年度に修繕工事が行われ、原型に近い東武顔を残していました。前回検査が17-1栗と言う事で期限ギリギリまでの活躍でした。
今回の廃車で今年度の廃車は13編成34両となりました。8000系列は残り640両となりました。

■残る原型顔
・春日部支所:8516F=1編成2両
・七光台検修区:8104F・8509F=2編成8両
・森林公園検修区:8111F・8112F=2編成12両
の計5編成22両となりました。
8509Fに関しては来月で検査切れとなります。

■検査期限ギリギリで廃車になった8127Fと8130Fの共通点
8127Fの廃回が8/8、8130Fが1/9。ギリギリまで走った場合でも上旬には廃車になるってことか?
この法則通りだと8509Fは2月上旬までに廃車と言う事になりますが・・・

■気になる編成
七光台区の8118Fがしばらく走ってないような・・・。前回検査は17-6栗。17-7栗の8150Fが先に栗車管に入場したりと、明らかにオカシイ状況です。8118Fに関しては以前にも同じようなことがあった気がするので何とも言えないですが・・・。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8130F廃車

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/259

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1