2008年度の設備投資計画は337億円

5/14に2008年度の設備投資計画が発表されました。【PDF
総額337億円で昨年度の420億円より83億円少ないです。
目玉となるのが東上線へのATC導入です。関東の大手私鉄だと東急や導入が進められている京王に次ぐものと思われます。2012年度に池袋?小川町に導入予定のようです。
車両関係では50000系列6編成60両が増備されます。なお、リース方式で投入するようなので337億円には計上されていません。また10000系列の修繕を進めるようです。
2012年度の東上線ATC化で気になるのが8000系の扱い。
池袋口からは撤退と考えたいところです。現在池袋に来る8000系は以下の通りです。
2両固定 25編成50両
4両固定 10編成40両
6両固定  6編成36両
8両固定  6編成48両
合計       174両
ここ数年の新車投入は年間60両ですから2012年度までに300両投入されることになります。本線や野田線の置き換えを考えても池袋口から8000系を消すには十分と思われます。
今後も残るであろうワンマン車はATCを積むのでしょうね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2008年度の設備投資計画は337億円

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.krfj.net/mt/mt-tb.cgi/62

コメント(2)

こんにちは??

ついに東上線も大きな動きが見られるようですね…。今年の一月から8000系の廃車は本格的なんですかね?モ

8000系の廃車は本格的なものです。
しかし解体スピードが追いついてないようです。

コメントする

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1