東急: 2008年5月アーカイブ


20080520.jpg去年8月より大井町線で活躍していた9001Fが8両に戻した上で5/20に元住吉へ回送されました。東横線に復帰するもとの思われます。

5/19・27より新たに6ドア編成が追加されます。今回追加されるのは5102Fと5115Fです。これにより4ドア編成は5101Fのみとなります。
新たに6ドア運用になるのは13Kと21Kです。27日以降は06K・09K・11K・12K・13K・21K・26K・30K・33K・35K・36K・39K・40K・41Kの14運用が6ドア運用となります。
また今回導入される5115Fですが東武非対応編成となるようです。5000系列で初めてサークルKが貼られました。

東急電鉄の2008年度の鉄軌道事業設備投資計画が発表されました。【URL
総額は665億円となります。
混雑緩和面では大井町線改良・田園都市線複々線化や目黒線改良・東横線複々線化工事、中目黒・横浜ホーム延長工事などが行われます。
車両増備は5000系8編成80両・5080系6編成36両・7000系2編成6両の計122両が増備されます。5000系8編成新造に伴い東武直通の8500系にも影響が出てくるものと思われます。


20080507.jpg5/6〜7に東急5080系5187Fの甲種輸送が行われました。
牽引は逗子→新鶴見がDE10-1664、新鶴見→八王子がEF65-1085でした。

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


Powered by Movable Type 4.1