logo
カスタム検索

30000系

img
半蔵門線直通用として1996年に登場したのが30000系です。2003年までに6両・4両編成共に15編成150両が製造されました。半蔵門線直通用の他に5000系列の置き換えの使命もあったため、直通開始まで地上運用に効率的に運用できるように10両固定でなく6両と4両となっています。1997年3月25日から営業運転を始めました。
10030系に準じたステンレス車体としながらも、東武初のワンハンドルマスコンや車両情報制御装置、HID前照灯、IGBT素子を使用したVVVFインバーターなどが採用され、側窓も引き継がれてきた個別のユニット式をやめ2連ユニット式になっています。種別・行先表示機はLED式となり側面のものは大型で30000系の特徴ともなっています。また東急線内での急行運転に備えて急行灯が設置されました。室内はブルーを多く使ったすっきりしたものとなっています。
31602F・31403Fからは主電動機冷却風導口が大型のものに変更されました。31403Fにおいて試験的にバッケトシートを採用、以降の編成でも採用されました。31607F・31407Fからは座席袖仕切板が大型のものに変更されました。31609F・31408Fからは東武初の純電気ブレーキを採用し、従来編成に対しても改造が行われました。31611F・31411F以降は急行灯が使用停止されたため廃止されました。
半蔵門線と直通する2003年まで10000系列を共通運用に入り活躍し、直通開始からは直通運用専門で運用されました。そのため6両・4両単体での運用や10000系との併結運転はなくなりました。しかし50050系の登場で順次地上用に戻され、再び見ることが出来るようになっています。また地上化の際に一部編成で急行灯の撤去が行われ、製造時とは見た目が変化している編成があります。5050系置き換えに際し一時期宇都宮線でも活躍していましたが、本線朝ラッシュから8000系10両運用を消滅させる際に撤退しています。2011年からは春日部支所から森林公園への転属が行われ、2014年12月の31602F改造開始で浅草~曳舟・久喜以北・南栗橋以北から撤退しました。森林公園転属車は中間運転台の撤去が行われ、形式がクハからサハに変更されています。同時にモニタ装置の更新も行われ、それに合わせて運転台がグラスコックピット化されました。
本区所属車は半直運用で、森林公園検修区所属車は東上線で活躍しています。
編成別写真集 細部写真集 車両のうごき
製造初年 1996年11月 
定員(名) 139
自重(t) Tc1.2=30、M1.M1A=36.5、M2.M2A=37.5、T1=29、M3=36
最大寸法(mm) 長:20000 巾:2789 高:4080
台車 M台車:TRS-95M T台車:TRS-95T
主電動機 190kW三相かご型誘導電動機
主制御装置 VVVFインバータ制御(IGBT)
ブレーキ装置 回生ブレーキ併用全電気指令式空気ブレーキ
冷房装置 48000kcal/h/車(マイコン制御)
性能 最高速度:120km/h 加速度:3.3km/h/s 減速度:3.7km/h/s(常用)、4.5km/h/s(非常)
←浅草・中央林間
Tc1
31600
M1
32600
M2
33600
T1
34600
M3
35600
Tc2
36600
V・P V・S S V・P
Tc1
31400
M1A
32400
M2A
33400
Tc2
34400
V・P V・S
←池袋
Tc1
31600
M1
32600
M2
33600
T1
34600
M3
35600
T
36600
T
31400
M1'
32400
M2'
33400
Tc2
34400
V・P V・S S V・P V・P V・S
編成 所属 全検 重検 製造メーカー 製造年 甲種輸送 備考
31601F 26-3川 29-3森 アルナ工機 1996 96/11/9  
31602F 26-11栗 26-11栗 アルナ工機 1997    
31603F 27-11川 27-11川 アルナ工機 1998    
31604F 26-10川 26-10川 東急車輌 1999    
31605F 27-8川 27-8川 アルナ工機 1999    
31606F 24-2栗 27-6栗 東急車輌 1999   地下鉄対応車
31607F 26-8栗 26-8栗 アルナ工機 2001 01/2/3  
31608F 26-7川 26-7川 東急車輌 2000    
31609F 26-1栗 29-2南 アルナ工機 2001 01/11/17 地下鉄対応車
31610F 27-5川 27-5川 アルナ工機 2002    
31611F 25-12川 25-12川 東急車輌 2002 02/10/1  
31612F 25-12栗 29-1森 東急車輌 2002    
31613F 28-6川 28-6川 東急車輌 2002 02/11/21  
31614F 22-8栗 26-5栗 東急車輌 2002 02/12/10  
31615F 25-5栗 28-8森 東急車輌 2003 03/4/3  
編成 所属 全検 重検 製造メーカー 製造年 甲種輸送 備考
31401F 26-3川 29-3森 東急車輌 1996 96/11/23  
31402F 26-10栗 26-10栗 アルナ工機 1996 96/12/14  
31403F 27-11川 27-11川 アルナ工機 1997 97/11/22  
31404F 26-10川 26-10川 アルナ工機 1998    
31405F 27-8川 27-8川 アルナ工機 1999    
31406F 24-1栗 27-5栗 富士重工 1999 99/3/14 地下鉄対応車
31407F 26-6栗 26-6栗 アルナ工機 2001 01/3/3  
31408F 26-7川 26-7川 アルナ工機 2001    
31409F 25-11栗 29-2南 東急車輌 2001 01/12/15 地下鉄対応車
31410F 27-5川 27-5川 東急車輌 2001 01/12/15  
31411F 25-12川 25-12川 東急車輌 2002 02/10/1  
31412F 25-12栗 29-1森 東急車輌 2002    
31413F 28-6川 28-6川 東急車輌 2002 02/11/21  
31414F 26-7栗 26-7栗 東急車輌 2002 02/12/10  
31415F 25-8栗 28-8森 東急車輌 2003 03/4/3