logo
カスタム検索

10000・10030・10080系

img
8000系の後継車として1983年から製造されたのが10000系です。1988年にモデルチェンジをした10030系が登場。またVVVF試作車の10080系も製造されました。10000・10030・10080系は1995年までに486両が製造されました。1994年には自動解結装置を搭載し東武の主力として活躍しています。2007年1月からはリニューアル工事が開始され、2008年9月より営業運転を開始しています。2013年度からは制御器のVVVF化も行われています。
編成別写真集 細部写真集 車両のうごき
img
輸送力の増強、7300系置き換えを目的とし1983年から118両が製造されました。コルゲート処理のステンレス車体を採用しているのが特徴です。床面は11605Fまでがグリーン、11606F~11609Fがベージュになっています。11003F~11006Fは11803F~11806Fとして登場ののちに中間車が製造され現在の10両固定となりました。そのため増備された中間車は、見た目は10000系ですが車内などが当時製造されていた10030系に準じたものになっています。11605Fのクハ16605の前面窓上部は紺ではなく黒になっていて異彩を放っています。
2007年からはリニューアル工事が開始。フルカラーLED・シングルアームパンタ化やスカートの設置が行われています。
製造初年 983年12月
定員(名) Tc1.2.3.Mc=150、他=170
自重(t) Tc1.2=29、M1.2.Mc=39、M3.M4=37.5、T1.2=28、T3.TM1=32.5、Tc3=34
最大寸法(mm) 長:20000 巾:2874 高:4145
主電動機 直流複巻補極補償巻線付電動機(140kW)
主制御装置 他励界磁チョッパ制御
ブレーキ装置 回生ブレーキ併用全電気指令式空気ブレーキ
冷房装置 42000kcal/h/車(一部マイコン制御)
性能 最高速度:110km/h 加速度:2.5km/h/s 減速度:3.7km/h/s(常用)、4.5km/h/s(非常)
←浅草・池袋
Mc
11200
Tc3
12200
F M・P
Tc1
11000
M1
12000
M2
13000
T1
14000
M4
15000
TM1
16000
T2
17000
M1
18000
M2
19000
Tc2
10000
F M・P F M・P F M・P

 リニューアル車

Mc
11200
Tc3
12200
F M・P
Tc1
11600
M1
12600
M2
13600
T3
14600
M3
15600
Tc2
16600
F M・P M・P F
Tc1
11800
M1
12800
M2
13800
T1
14800
T2
15800
M1
16800
M2
17800
Tc2
18800
F M・P F M・P

 リニューアル・SIV化車

Tc1
11600
M1
12600
M2
13600
T3
14600
M3
15600
Tc2
16600
F S・P S・P F
編成 所属 全検 重検 製造メーカー 製造年 修繕年 備考
11003F 21-11川 25-5川 アルナ工機 1985 - 脱線事故により休車
15003+16003は1989年アルナ工機製造
11004F 23-3川 26-5川 東急車輛 1985 - 15004+16004は1989年アルナ工機製造
11005F 24-2川 26-11川 富士重工 1985 - 15005+16005は1989年アルナ工機製造
11006F 26-2川 28-12栗 アルナ工機 1986 - 15006+16006は1989年アルナ工機製造
11801F 28-4栗 28-4栗 アルナ工機 1983 2015  
11802F 23-6川 26-10栗 富士重工 1983 2014  
11601F 28-2栗 28-2栗 東急車輛 1984 2008  
11602F 28-8栗 28-8栗 東急車輛 1984 2008  
11603F 28-9栗 28-9栗 東急車輛 1984 2009  
11604F 28-5栗 28-5栗 東急車輛・富士重工 1984 2008  
11605F 25-5栗 25-5栗 東急車輛・富士重工 1986 2009  
11606F 25-8栗 25-8栗 アルナ工機 1987 2009  
11607F 26-1栗 26-1栗 アルナ工機 1987 2010  
11608F 25-11栗 25-11栗 富士重工 1987 2010  
11609F 25-4栗 29-1栗 東急車輛 1987 2009  
11201F 25-7川 28-3栗 アルナ工機 1984 2015  
11202F 23-6川 26-9栗 アルナ工機 1984 2014  
11203F 26-10栗 26-10栗 アルナ工機 1985 -  
11204F 26-4栗 26-4栗 東急車輛 1985 -  
img
9000系や20000系を基本に10000系をマイナーチェンジしたのが10030系です。前面の変更や側面をコルゲートからビート成型に変更するなどしています。10030系は1992年から10050番台へと飛んでいます。この10050番台は車椅子スペースの設置、クーラーカバーが連続しているなどの変更点があります。11267Fは東武で初めてシングルアームパンタを搭載しました。11461Fは前面窓の黒部分の面積が他の編成より大きくなっています。
製造初年 988年3月
定員(名) Tc1.2=142、他=152
自重(t) Tc1.2=29.5、M1.2.Mc=39.5、M3.M4=38、T1.2=28.5、T3.TM1=33、Tc3=34.5
最大寸法(mm) 長:20000 巾:2874 高:4145
主電動機 直流複巻補極補償巻線付電動機
主制御装置 他励界磁チョッパ制御
ブレーキ装置 回生ブレーキ併用全電気指令式空気ブレーキ
冷房装置 42000kcal/h/車(一部マイコン制御)
性能 最高速度:110km/h 加速度:2.5km/h/s 減速度:3.9km/h/s(常用)、4.5km/h/s(非常)
←浅草・池袋・柏
Mc
11230
Tc3
11230
F S・P
Tc1
11430
M1
12430
M2
13430
Tc2
14430
F S・P
Tc1
11630
M1
12630
M2
13630
T3
14630
M3
15630
Tc2
16630
F S・P S・P F
Tc1
11030
M1
12030
M2
13030
T1
14030
M4
15030
TM1
16030
T2
17030
M1
18030
M2
19030
Tc2
10030
F S・P F S・P F S・P
 11267F
Mc
11230
Tc3
11230
F S・P

 リニューアル車

Tc1
11630
M1
12630
M2
13630
T3
14630
M3
15630
Tc2
16630
F S・P S・P F
Tc1
11630
M1
12630
M2
13630
T3
14630
M3
15630
T
16630
T
11430
M1
12430
M2
13430
Tc2
14430
F S・P F S・P F S・P

 リニューアル・VVVF化車

Tc1
11030
M1
12030
M2
13030
T1
14030
M4
15030
TM1
16030
T2
17030
M1
18030
M2
19030
Tc2
10030
V S・P V S・P V S・P
Tc1
11630
M1
12630
M2
13630
T3
14630
M3
15630
T
16630
T
11430
M1
12430
M2
13430
Tc2
14430
V S・P V S・P V S・P
編成 所属 全検 重検 製造メーカー 製造年 修繕年 備考
11031F 24-8川 27-4川 アルナ工機 1989 -  
11032F 25-8栗 28-9栗 アルナ工機 1989 2013 2013年VVVF化
11631F 22-2栗 25-8栗 アルナ工機 1988 2013  
11632F 24-12栗 28-5栗 アルナ工機 1988 2012  
11633F 28-11栗 28-11栗 富士重工 1988 2015  
11634F 26-1川 29-2栗 アルナ工機 1990 -  
11635F 23-3栗 26-9栗 アルナ工機 1990 2011  
11636F 23-5栗 26-11栗 アルナ工機 1990 2011  
11637F 25-9川 29-4栗 東急車輛 1990 2017  
11638F 25-11栗 25-11栗 アルナ工機 1990 2013  
11639F 26-6栗 26-6栗 アルナ工機 1990 2014 2014年VVVF化
11640F 28-2川 28-2川 アルナ工機 1991 2012  
11641F 24-1栗 27-2川 東急車輛 1991 2011  
11642F 27-7川 27-7川 東急車輛 1991 2012  
11643F 27-10川 27-10川 アルナ工機 1991 -  
11644F 23-8川 26-8川 アルナ工機 1992 -  
11431F 24-3栗 27-10栗 富士重工 1988 2015  
11432F 24-11栗 24-11栗 富士重工 1988 2016  
11433F 23-9栗 27-9栗 東急車輛 1988 2015  
11434F 25-3栗 28-4栗 東急車輛 1988 2016  
11435F 25-9栗 28-12栗 アルナ工機 1989 2016  
11436F 25-4栗 28-10栗 アルナ工機 1989 2016  
11437F 26-8栗 26-8栗 アルナ工機 1989 -  
11438F 27-7川 27-7川 アルナ工機 1990 2012  
11439F 27-10川 27-10川 東急車輛 1990 -  
11440F 28-2川 28-2川 アルナ工機 1990 2012  
11441F 25-4川 28-7栗 アルナ工機 1990 -  
11442F 25-9川 29-4栗 東急車輛 1990 2017  
11443F 26-6栗 26-6栗 東急車輛 1990 2014 2014年VVVF化
11444F 28-1栗 28-1栗 東急車輛 1991 2015  
11445F 24-1栗 27-2川 アルナ工機 1991 2011  
11446F 25-11栗 28-10栗 アルナ工機 1992 2013  
11447F 28-7栗 28-7栗 アルナ工機 1992 2016  
11448F 26-8川 26-8川 富士重工 1992 -  
編成 所属 全検 重検 製造 製造年 修繕年 備考
11651F 23-4栗 26-3栗 東急車輛 1992 -  
11652F 23-5川 27-2栗 アルナ工機 1992 -  
11653F 22-7川 25-8栗 アルナ工機 1992 -  
11654F 27-10栗 27-10栗 アルナ工機 1992 -  
11655F 28-12栗 28-12栗 富士重工 1992 -  
11656F 28-3栗 28-3栗 アルナ工機 1992 -  
11657F 22-4川 25-12栗 アルナ工機 1992 -  
11658F 27-11栗 27-11栗 アルナ工機 1993 -  
11659F 22-7栗 26-1栗 アルナ工機 1993 -  
11660F 23-8栗 27-4栗 東急車輛 1993 -  
11661F 25-4川 28-7栗 アルナ工機 1994 -  
11662F 24-8栗 28-4栗 東急車輛 1994 -  
11663F 24-3栗 27-9栗 アルナ工機 1994 -  
11664F 24-12栗 28-9栗 東急車輛 1994 -  
11665F 27-3栗 27-3栗 アルナ工機 1995 -  
11666F 27-3栗 27-3栗 アルナ工機 1996 -  
11667F 27-5栗 27-5栗 アルナ工機 1996 -  
11668F 26-12栗 26-12栗 アルナ工機 1996 -  
11451F 23-8川 27-1栗 東急車輌 1992 -  
11452F 24-5栗 27-12栗 アルナ工機 1992 -  
11453F 25-11栗 25-11栗 富士重工 1993 -  
11454F 25-9栗 25-9栗 東急車輌 1993 -  
11455F 26-1川 29-2栗 富士重工 1994 -  
11456F 26-7栗 26-7栗 富士重工 1995 -  
11457F 27-6栗 27-6栗 東急車輌 1995 -  
11458F 28-6栗 28-6栗 東急車輌 1995 -  
11459F 22-4栗 26-3栗 富士重工 1996 -  
11460F 27-4栗 27-4栗 アルナ工機 1996 -  
11461F 29-2栗 29-2栗 東急車輌 1996 -  
11251F 25-1栗 28-11栗 東急車輛 1992 -  
11252F 25-4栗 29-1栗 東急車輛 1992 -  
11253F 24-5栗 28-1栗 アルナ工機 1992 -  
11254F 24-6栗 28-2栗 アルナ工機 1992 -  
11255F 24-10栗 28-8栗 アルナ工機 1992 -  
11256F 26-5栗 26-5栗 アルナ工機 1994 -  
11257F 27-2栗 27-2栗 アルナ工機 1994 -  
11258F 27-5栗 27-5栗 アルナ工機 1994 -  
11259F 27-9栗 27-9栗 アルナ工機 1994 -  
11260F 27-5栗 27-5栗 アルナ工機 1995 -  
11261F 27-12栗 27-12栗 アルナ工機 1995 -  
11262F 28-2栗 28-2栗 アルナ工機 1995 -  
11263F 28-11栗 28-11栗 東急車輌 1995 -  
11264F 29-1栗 29-1栗 東急車輌 1995 -  
11265F 22-2栗 25-12栗 アルナ工機 1996 -  
11266F 22-3栗 26-1栗 アルナ工機 1996 -  
11267F 22-3栗 26-3栗 アルナ工機 1996 - シングルアームパンタ
11268F 21-12栗 25-10栗 富士重工 1996 -  
img
10080系は東武で初めてVVVFインバータを搭載しました。1編成4両が製造されました。試験的要素が強いため他の形式とは違い末尾が0で始まっています。1C4Mの日立製BTO-VVVFインバータをモハ11280に2台搭載しました。走行性能は他の10000系列に合わせてありました。しかし試作車のため不具合が多く2005年頃から運用に入らなくなりました。休車状態が続いていましたが2006年にVVVFを50000系列と同じIGBTのものに交換、長期間に及ぶ試運転が行われ2007年9月12日より無事運用に復帰しました。
製造初年 988年3月
定員(名) Tc1.2=142、他=152
自重(t) Tc1.2=29.5、M1.2=39.5
最大寸法(mm) 長:20000 巾:2874 高:4145
主電動機 TM03型三相かご型誘導電動機
主制御装置 VVVFインバータ制御(日立製IGBT-VVVF)
ブレーキ装置 回生ブレーキ併用全電気指令式空気ブレーキ
冷房装置 42000kcal/h/車
性能 最高速度:110km/h 加速度:2.5km/h/s 減速度:3.9km/h/s(常用)、4.5km/h/s(非常)
←浅草
Tc1
11480
M1
12480
M2
13480
Tc2
14480
V S・P
編成 所属 全検 重検 製造 製造年 修繕年 備考
11480F 19-8栗 23-8栗 東急車輌 1988 2015