70-000系

70-000系は臨海副都心線用の車両として1996年から2004年にかけて10編成86両が製造されました。うち6両は組み換えで余剰となり、JR東日本に譲渡され209系3100番台となっています。
基本構造はJR東日本209系と共通としていますが、勾配区間での故障を考慮して6M4Tとなっています。
登場当時は4両編成からのスタートでしたが、埼京線との直通運転を行うため10両編成が登場、2004年には全編成が10両化されています。全編成10両化に際して、6両編成だった70-011F〜70-051Fを組み替え新70-011F〜70-031Fとしています。この際に不足する付随車が6両増備され、余剰となった先頭車4両、中間車2両は前記の通りJR東日本に譲渡されています。よって現在は8編成80両が活躍しています。
2010年からは制御機器の更新が行われています。


トップページ

東京臨海高速鉄道

【メニュー】
当サイトについて
撮影地ガイド
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集





最終更新
2011/9/6
               
Tc2B
70-009
M2A
70-008
M1A
70-007
T2A
70-006
M2B
70-005
M1A
70-004
T2A
70-003
M2A
70-002
M1A
70-001
Tc2A
70-000
備考
1 70-019 70-018 70-017 70-016 70-015
(70-022)
70-014
(70-021)
70-013 70-012 70-011 70-010
 
2 70-029
(70-049)
70-028
(70-048)
70-027
(70-047)
70-026 70-025
(70-032)
70-024
(70-031)
70-023 70-022
(70-042)
70-021
(70-041)
70-020
(70-040)
 
3 70-039
(70-059)
70-038 70-037 70-036 70-035
(70-052)
70-034
(70-051)
70-033 70-032
(70-058)
70-031
(70-057)
70-030
(70-050)
 
6 70-069 70-068 70-067 70-066 70-065 70-064 70-063 70-062 70-061 70-060
 
7 70-079 70-078 70-077 70-076 70-075 70-074 70-073 70-072 70-071 70-070
 
8 70-089 70-088 70-087 70-086 70-085 70-084 70-083 70-082 70-081 70-080
 
9 70-099 70-098 70-097 70-096 70-095 70-094 70-093 70-092 70-091 70-090
 
10 70-109 70-108 70-107 70-106 70-105 70-104 70-103 70-102 70-101 70-100
 

Copyright (C) 2008-2012 きり☆ふじ All Rights Reserved.