2000系   デハ1000形   デハ800形

デキ3形     

デハ700形     


トップページ

銚子電気鉄道

【メニュー】
当サイトについて
撮影地ガイド
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集

【キーワード検索】








2000系

2000系はデハ700形とデハ800形置換用として2009年度に導入され、2010年7月より営業運転を開始しました。
元伊予鉄道800系で、銚子電鉄と同じ600V仕様であったことから改造費が抑えられています。2013年に2001Fのパンタグラフが破損によりシングルアームパンタに交換されています。


最終更新
2015/1/18
Mc
2000
Tc
2500
2001F 2001 2501  
    備考
Mc
2000
Tc
2500
2002F 2002 2502  


デハ1000形

デハ1000形は1996年に2両が導入されました。元営団地下鉄2000形で、1372mmの第三軌条集電車のため営団1500形・3000系の機器・パンタグラフ、富士急行モハ5700形の台車を使い1067mmの架線集電に対応させました。また同形の運転台を移植し両運転台化しています。
2015年1月にデハ1002が引退しました。


最終更新
2015/1/18
Mc
1000
デハ1001 1001  
デハ1002 1002  


デハ800形

デハ800形は1985年に1両が導入されました。元伊予鉄道モハ100形で譲渡前に両運転台化改造が行われています。
2010年9月にさよなら運転を行い引退しましたが、車籍が残されたまま外川駅に留置されています。


最終更新
2015/1/18
Mc
800
デハ801 801  


デキ3形

デキ3形は1922年にドイツのアルゲマイネ社で製造され、1941年に沖ノ山炭坑から銚子電鉄に移籍しました。1984年に貨物営業が廃止され、仲ノ町車庫にて動態保存されています。


最終更新
2015/2/2
デキ
デキ3 3  


デハ700形

デハ700形は1978年に2両が導入されました。この車両は1928年に製造された近江鉄道デユワ101形を1941年に鋼体化したモハ51形で、2010年に引退しました。


最終更新
2015/2/2
Mc
700
デハ701 701  
デハ702 702